運動神経は幼少期に決まる!?

肥満になるかは3歳までに決まると言われていますね。

子どもの運動神経は、6歳くらいまでの遊びを通して育つことがあると言われているため、それまで全身を使ってしっかりと遊んでおくことは非常に大切なことなのです。

ですので自分の子供はなるべく外で遊ばせようと思います。

そして公園は子供の身体能力を上げることがたくさんありますね。

遊具に登る、バランスをとるなどの運動能力を高める遊びを多く行うことができると考えられ、ジャンプをしたり、遊具に登ったり、揺れる部分を歩いたりすることでいろいろな能力が鍛えられます。
飛び降りる動作や手足を同時に動かす動作なども子どもの運動能力には重要なポイントになると言われているので、遊具を使う遊び方も大切です。

公園にある坂道や土手などによじ登って体幹を鍛えたり、さらに、子どもが自由に上り下りできる、土手や傾斜など、平らでない地面や、歩くのが大変な草むら、ジャンプできる段差などがあると、さらに体幹を鍛えることができます。
平地だけでは身に着けられない、大切な運動神経を養うことができ、将来あらゆるスポーツをするうえで、重要なバランス感覚を養うことができるのです。

ということで昨日は子供を連れて大高緑地公園に行ってきました。

公園に行くと子供より自分が楽しんでいますね!!

子供は外で遊ばせましょう!!


↑↑↑ 新規入会キャンペーン実施中!!


↑↑↑名古屋大橋ボクシングジム&フィットネスのPV動画がご覧いただけます。

シェアする

フォローする