誰でも引退の時はくる!

昨日は浅田真央選手の引退会見がありましたね。

昨日はどのチャンネルを見てもやっていました。

浅田真央選手は日本の全ての人に応援される人でした。

日本のプロスポーツ選手の中で1番愛される選手と言っても過言ではありません。

どのスポーツにしろ遅かれ早かれ引退はあります。

その引退を決めるのは自分ですが、その引退を決めるのが難しいですね。

ボクシングは麻薬と言う方もいます。

ハマったら抜けられない。

試合の時に花道を歩く時、そしてリングインしてたくさんの人からの拍手。

舞台の主役のような気分ですね。

そして拳2つのみを使い戦って勝ったときの喜びを知ってしまったら辞められない。

ですがボクシングは顔面、お腹を殴るスポーツ。

下手すれば命にかかわります。

勝った時の喜びは味わいたいけれど、相手は勝つために自分を殴り(殺しに)くる。

自分もリングに上がるときは相手を殺す気で殴っていました。

自分も殴られるので命をかけていました。

ですので自分はプロボクサー全ての人をリスペクトしています。

プロボクサーは命をかけて戦っていますから。

そんなボクサーの引退は簡単にできるものではありません(個人により違いはありますが)

自分が引退をどのように決意したか・・・

それはまた明日!!