お酒について『毎日少量』vs『1日おきに大酒』

お酒好きな方はたくさんいますね!!

当ジムの会員さんも楽しく飲むためにも動かないとという方がたくさんいます。

今回のテーマは「毎日少量vs1日おきに大酒」。

どっちがいいの!?

厚生労働省が示している指針によると、節度ある適度な飲酒量は純アルコールにして1日平均約20g程度。

ビール500ml缶1本、ワイン180ml程度だが、これを毎日均等に飲むのと1日おきにガッツリ飲むケース、どちらがカラダにいいのだろう。

「アルコールは肝臓だけではなく胃腸や喉の粘膜にもダメージを与えますので、一度に大量に飲むのが当たり前になると複数の器官や臓器を傷つけるリスクも高くなる。

カラダのことを考えると少量の飲酒をコンスタントに続けた方がいいでしょう。

また、大酒飲みの傾向がある人は適量でセーブするのが難しいので、その意味でも毎日チョコチョコ飲む方がストレスもたまりにくく、量も抑えやすいと思います」

上で示した1日のアルコール摂取量20gはあくまで目安。

本当の適量とは悪酔いや二日酔いにならない量で、個人差があることを知っておこう。

飲酒後に寝て口や喉が乾いて目覚めたら、適量を超えている証拠だ。

ということで、オススメは、毎日少量飲み。

ですが、何もしないで毎日飲んでつまみを食べていると・・・

美味しくお酒を飲みたいなら健康でいることが必須です。

そのために食事・睡眠・運動に気をつけていきましょう!!

食事・睡眠は意識作り、運動は環境作りが大切です!!

名古屋で楽しくボクシングするなら名古屋大橋ボクシングジムへ!!

強くなって人生変えたい方も!!

↑↑↑ 今月のキャンペーンはこちら ↑↑↑


↑↑↑名古屋大橋ボクシングジム&フィットネスのPV動画がご覧いただけます。

シェアする

フォローする