1月28日の見どころ!!

いよいよ1月28日(土)の試合まであと6日となりました。

見どころを紹介!!

まずは第1試合

1試合目から迫力ある重量級の戦い!!

冨永は大阪から乗り込んでくる。

日本拳法4冠というバックボーンあり。

重量級だが踏み込みが速い!

対するのは、尾張のキングコング 上村周平

ゴリラのようなパワーで相手を粉砕する。

お互いにデビューはTKO負けをしている。

お互いに初勝利を狙う気持ちと気持ちのぶつかり合い!

判定のゴングを聞くことはないでしょう!

第2試合

丁野は7月以来の再起戦。

7勝中5KOと決定力の高さを持つ。

鋭い踏み込みからの右オーバーハンド、左フックが光る。

諸岡は10月以来の再起戦。

一瞬の飛び込みからの右クロスを得意とする。

両者とも好戦的なタイプでガッチリと噛み合いそうだ。

第3試合

ジム移籍初戦を迎える飯見は勝った試合はすべてKO勝ちのハードパンチャー。

連敗を脱出し弾みをつけたい。

B級初戦の山内は、Sフライ級から一気にフェザー級まで上げてから2試合連続KO中。

チャンスを逃さず仕留めており倒すコツを掴んできたようだ。

KO決着濃厚な一戦だ。

第4試合

日本バンタム級10位の溝越は、スピードがあり、タイミング抜群のカウンターを得意とする。

前戦は3度のダウンを奪い判定勝ちで復活した。

サイリクエはこれが2度目の来日。

22戦10勝(4KO)9敗3分のサウスポー。

これまで9敗しているがKO負けは一度もない。

サイリクエは現ユース日本フェザー級チャンピオンの英と戦っており、ドローという実力者。

対する溝越も3年9ヶ月前に英と戦っておりドロー。

勝って一歩抜け出すのは!?

メインイベント

前世界WBCライトフライ級チャンピオン矢吹の復帰第2戦!

世界王座奪還を目指す矢吹が、世界挑戦者決定戦に臨む。

昨年9月に地元三重でタノンサック・シムシ―(タイ/グリーンツダ)に7回TKO勝ちし再起に成功。

抜群の破壊力と勝負どころを逃さない嗅覚で健在ぶりをアピールした。

チャコンは、30戦28勝(20KO)1敗1分のオーソドックススタイル。

デビュー戦で敗れて以降、引き分けを挟んで28連勝中だ。

矢吹の強打爆発に期待!

※見どころはボクシングモバイルを引用

これは間違いなく全試合面白い!!

メインを筆頭に注目の試合ということでAbemaが全試合生中継と三重テレビの放送があります(メインのみ)

これは絶対に生で見るのが面白いです。

チケットは当ジムホームページからも注文できますが、試合まで時間が少ないため、名古屋大橋ボクシングジムにお電話ください。

052-532-0084

チケットは残りわずかですのでお早めに!!

↑↑↑ 今月のキャンペーンはこちら ↑↑↑


↑↑↑名古屋大橋ボクシングジム&フィットネスのPV動画がご覧いただけます。

シェアする

フォローする