勝負はやってみなくちゃわからない【前編】

朝晩だいぶ涼しくなってきました。

昼は暑かったですが。

さて、昨日は朝から刈谷へ!!

中日本新人王決勝戦の観戦に!!

まずは第1部の試合!!

山崎が棄権したため3試合となりました!!

第1試合はスーパーバンタム級!!

昨年の中日本新人王の阿部選手が優勢かと思いきや・・・

1ラウンド!!

安西はジャブでプレスをかけるとノーモーションの右でダウンを先取。

再開後は上下にパンチを散らしダメージを与えると、ロープに詰めて連打でフィニッシュした。

1ラウンド2分7秒、TKOにより〜勝者、スーパーバンタム級中日本新人王〜、安西〜蓮〜!!

第2試合はフェザー級!!

アマチュアで実績のある村田選手が優位かと思いきや・・・

開始早々、時弘が右フックを振り抜き、先制のダウンを奪う絶好のスタート。

立ち上がった村田は、長いリーチを活かしジャブから左ボディを痛打して立て直しを図るが、右カウンターを浴びて再び倒れた。

2回、村田は足を使いながらジャブを軸に距離を作ると右ショートアッパーで迎え撃ち反撃。

ポイントを挽回したい村田だが、クリンチの場面が増えて決定打を打ち込めず。

4回、時弘は間合いを詰めて左ボディを叩くが、村田は左ボディを突き刺すと、ワンツーでダウン寸前まで追い込む。

しかし、時弘もよく踏ん張り試合終了のゴングが鳴り響いた。

採点は引き分けとなったが、新人王特別ルールにより優勢点を勝ち取った時弘が中日本新人王に就いた。

第3試合!!

頭を振りながら左右フックを繰り出す近藤に対し、高畠も真っ向から打ち合うと左フックを好打。

スイッチしながら的を絞らせず的確なパンチで顔を弾いた。

2回、中間距離での攻防を避けたい近藤は、ジリジリと距離を詰めてボディにパンチを集めて攻勢。

高畠は左を軸に試合を組み立てると、3回もスイッチを織り交ぜながらワンツーをヒットしジャッジに攻勢をアピールした。

激戦を制した高畠が判定で勝利した。

【写真と観戦内容はボクシングモバイルから引用】

3試合目とも見応えがある試合でした!!

強いやつが勝つのではなく、勝ったやつが強い!!

そして、ボクシングはやっぱり生観戦が1番です!!

2部まで時間がありましたのでお昼ご飯に!!

村上マッチョトレーナー、よ〜く見ると・・・!!

の、飲んでる〜!!

な〜に撮ってんだよと言わんばかりの顔!!

ぼくは名古屋名物の味噌カツ定食を食べました!!

会場に戻る途中コンビニに寄りました!!

また飲んでる〜!!

この写真を撮る前にシャツを着ていましたが、『脱ぐから撮りなおせ』と言われてポーズを決めて撮り直しました!!

完全に脅されました!!

試合会場に戻ると第2部がスタートしました!!

第2部は更なる波乱が!!

以前戦ったことのある2人が再戦!!

前回と同じ結果になるかと思いきや・・・!!

後編に続く!!

名古屋で強くなりたいなら名古屋大橋ボクシングジムへ!!

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/名古屋大橋ボクシング/

↑↑↑ 今月のキャンペーンはこちら ↑↑↑

オリジナルグローブネックレス
インナーグローブ発売中!


↑↑↑名古屋大橋ボクシングジム&フィットネスのPV動画がご覧いただけます。

シェアする

フォローする