みんなの理想のカラダ

シェアする

先日、雑誌のTarzanを見ていましたら・・・

みんなの理想の『脱げるカラダ』という特集をやっていました。

もうすぐ夏も終わりそうですが、脱げるカラダを作っておきたいですね!!

最近ではボディメイクに励んでいる人が多い。

大会の数を見ても、SNSヘの投稿を見ても、見事にバルクアップして、シェイプした姿が拝める。

疑いようのない“脱げるカラダ”である。

でも本当に大会ボディだけが求められているのか?

本当のトコロを教えてもらおうとアンケートを実施。

カラダを変えたいと思う200人の「脱げるカラダ予備軍」と、最前線で活躍する30人のトレーナー陣に、いま目指すカラダを聞いた。

①目指すカラダは!?

シックスパックや細マッチョよりも、ほどよく筋肉がついたカラダが読者の憧れ。

トレーナー自身が考える理想像もこの結果に近く、「バキバキやムキムキより一目見た時に“カラダに気遣ってるな”と分かる筋肉量のカラダ」との声も。

「服を着てても脱げるカラダなのを裏付けるのは姿勢で、そのために必要なのが体幹の筋力」と踏まえると、アウター・インナーの両方が発達したバランスが必須条件なのは明らかだ。

②現在脱げないのはなぜ?

筋肉量や造形美にこだわる前に贅肉を落とさねば、との切実さが見て取れる。

「お客さんの中で筋肥大したい人は全体の3割程度」、「絞りたい人が圧倒的に多いです」と実感するトレーナーが多数。

ぽっこりお腹を憂う人も多くて、「お腹が出ていない

コレが一般の方の最低ラインでは。

筋肥大したいという人は増えてますが、せめてお腹だけは、という人は年齢問わず多いです」

③自分自身が変えたいと思う部位は?

脱げない理由として目の敵にされたお腹がまたも1位に。

「脇腹→下腹→脇下の順に気にかける人が多いです」

「お腹を凹ませたいお客さんは、体重・体脂肪率を落としたいという人に匹敵するほど性別問わず多い。

でもお腹が多少出ていても、サーファーのように背中が鍛えられていて胸板が適度に厚ければ、外見上は問題ない。

体脂肪を減らしつつメインとなる胸や背中、肩、腕、臀筋などの各部位を鍛えて、全体のバランスを取るのが理想ですね」

④何を手にすれば脱げる?

シックスパックよりフラットなお腹を欲するのは達成するハードルの低さゆえ? 

腕まわりと胸囲の厚みが増せば確かに服も映えそう。

一方、トレーナーの意見は若干異なる。

「お客さんの指導で優先したいのは背中

大筋群を鍛えて土台をつくることが最優先です」と背筋に重点を置くトレーナーが多数。

「お腹や胸など前側ばかり鍛えて、前のめりシルエットの人が意外と多く、その点でも背中は大切。

全身満遍なく鍛えることが脱げるカラダへの近道です」

まだまだみなさんが気になる理想のカラダ!!

後編は明日!!

名古屋で楽しくダイエットするなら名古屋大橋ボクシングジムへ!!

↑↑↑ 今月のキャンペーンはこちら ↑↑↑