お正月太り解消の方法⑧

果物の食べすぎにも要注意

果物は水分だから……といくらでも食べてOK、のイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。果物には身体に良い栄養素がたっぷりですが、糖分もあるので、1日の適量は200g。それ以上食べないようにしましょう。


■実践!お正月太りリセットのための食事例
カロリーセーブをしながら、できるだけ栄養バランスをとるコツは、毎日同じものを食べないようにすること。そして主食(ごはんやパン)の摂取量をカット(減ら)して、主菜(メインのおかず)の種類や、野菜の種類を変えながら、全体量をひかえめにしてメニューを考えましょう。

おすすめの食材は、豆腐などの豆製品、低カロリーで食物繊維が豊富な海藻類やきのこ類、そして脂肪の少ない魚などの素材です。

逆に、食べないようにしたいのは、加工食品。冷凍食品や惣菜類などは、油脂が多くカロリーも高いものが多いので、ダイエット中は控えたほうが無難。菓子パンもその成分は菓子なので、食事代わりにするのはご法度で、ダイエット中は食べないほうが良いでしょう。

無理なカロリー制限をするのではなく、食べるもののバランスを整え、できるだけ短期間で体重を元に戻しましょう。

↑↑↑ 今月のキャンペーンはこちら ↑↑↑


↑↑↑名古屋大橋ボクシングジム&フィットネスのPV動画がご覧いただけます。

シェアする

フォローする